シュムデザインの新里です。

今回は、illustrator学習の基礎として、「新規ファイルの作成と保存方法」について学習をしていきます。

ここで学習する内容で大切なことは下記の事項です

  • ショートカットキーをなるべく使用する
  • 新規作成したドキュメントは、まず別名保存する
  • 別名保存時のファイル形式は「ai」形式にする

それぞれ、順に解説をしていきます。

ショートカットキーをなるべく使用する

はじめに、結論から言いますと、illustratorで操作をする場合はなるべく「ショートカットキー」を使用してください。

理由は、ショートカットキーを使用した方が、制作スピードがめちゃくちゃ早くなるからです。通常、デザイン関係のお仕事をされたことがない方(デザイン初学者の方)の場合は、ショートカットキーの便利さを知らないことがほとんどです。

しかし、一度、その便利さを体感すると、ショートカットキーなしではillustratorを操作できなくなってしまいます。

最初は、なかなか覚えられなかったり、面倒くさかったりしますが、とりあえず何も考えないで使うようにしましょう。

新規作成したドキュメントは、まず別名保存する

ワードやエクセルなどを使用している方は、おわかりだと思いますが、illustratorにおいても、通常新規ドキュメントを作成し、保存する場合は、必ず「別名保存」をします。そして、何かしら制作したら、その後に「上書き保存」をします。

新規ドキュメント作成→別名保存→上書き保存

の順番をまずは覚えましょう。

別名保存時のファイル形式は「ai」形式にする

ワードやエクセルでも、それぞれ「データ形式」というものが存在します。いわゆる拡張子と呼ばれるものです。ワードなら「見積書.doc」といったような感じです。

illustratorの場合は、「〇〇〇.ai」のような感じになります。illustratorでは、別名保存時に、他の種類のデータ形式もありますが、新規ドキュメントを作成したら、とりあえず「ai」形式で保存すると覚えておきましょう。

※作成したファイルに拡張子が表示されていない場合は、インターネットの検索で「拡張子 検索」と調べると出てくると思います。下記サイトは参考までにどうぞ
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/978449

まとめ

今回の動画は、illustratorを学ぶ上で、基礎中の基礎となります。もし、わからない場合は、何度も動画を見直して、復習するようにしましょう!

それでは、また!

ベネッセUdemyでも学習できます

Udemyとは、プログラミングやデザインなど幅広いジャンルの専門知識を超お手頃な値段で学習することができる教育動画プラットフォームです。

私自身も、Udemyにてコースを公開しており、複数のコースで「最高評価」を頂いています!

もし、今回の内容を含む全ての動画をご覧になりたい方はUdemy公開コースの記事よりご参照ください。

【次の動画へ】