【10】シェイプの拡大縮小・回転について

シュムデザインの新里です。

今回の動画で重要なポイントは下記の通りです。

・シェイプを変形させる場合は、角を1回クリックする(移動ツールのバウンディングボックスチェックあり)
・手動による変形と、数値指定による変形の2種類がある

それでは、それぞれについて解説をしていきます。

自由変形(変形モード)へ入る

シェイプ(図形)を変形させるには、まず「自由変形(変形モード)」へ入る必要があります。手順の下記のとおりです。

・移動ツールの設定で「バウンディングボックス」にチェックが入っているか確認
・シェイプの角を1回クリック

もし、バウンディングボックスにチェックが入っていないと、編集メニューから「自由変形」を選択する必要があります。

どちらの方法も長所短所があるので、ご自身の好きな方法を選ぶようにしましょう。本Photoshopコースでは、「バウンディングボックスチェックあり」をオススメしております。

手動と数値指定による変形

自由変形(変形モード)に入ってからの変形方法には、主に2つの方法があります。

・手動による直感的な変形
・オプションバーで数値指定による変形

どちらの方法でも最終的に「〇・×」をクリックして変形を確定させる必要があります。こちらもどちらが正解ということはないですので、状況に応じて使い分けられるようにしましょう!

以上です!

 

【前の動画へ】

【次の動画へ】