PhotoshopCCの使い方 マスターコース : 画面移動・拡大縮小を学ぼう

シュムデザインの新里です。

今回の動画で重要なポイントは下記の通りです。

・環境設定で初期設定
・スペースキーを押して、ドラッグすると、好きな方向に移動できる
・ctrl+スペースキーで拡大、ctrl+alt+スペースキーで縮小、ctrl+0で画面全体を表示

それでは、それぞれについて解説をしていきます。

環境設定で初期設定

Photoshopを立ち上げたら、「環境設定」で画面移動の方法を変更することをオススメしております。もちろん、変更しなくてもOKですが、設定した方が今後の作業がしやすくなります。

手順は下記の通りです
・編集メニューから環境設定を出す
・ツールの項目の中にある「オーバースクロール」にチェックを入れる

画面移動の方法を覚える

例えば、画像を開いて、スペースキーを押して、ドラッグすると、好きな方向に移動することができます。

画面の下と横にあるスクロールバーでも移動はできますが、この方法だと作業がめちゃくちゃ遅くなりますので、必ず「スペースキー」を押す方法で慣れるようにしましょう

拡大縮小と画面を戻す方法

拡大縮小については、虫眼鏡ツールでもできますが、作業が遅くなります。なので、「ctrl+スペースキーで拡大、ctrl+alt+スペースキーで縮小」のショートカットキーを使うことをオススメしています。

デザインの現場ではほとんどの方がこのショートカットキーを使用していると思います。

また、作業をしていると稀に迷子になってしまうことがあります(操作していたものが、どこにあるかわからなくなるなど)。

このような場合は、焦らずに、ctrl + 0 を押すと画面中央にドキュメントを戻すことができます。便利ですので、これも使いこなせるようにしましょう。

まとめ

今回の動画では、主に画面移動と拡大縮小の方法について解説をしてきました。動画の中でもお伝えしていますが、画面移動と拡大縮小は本当に大切で全ての操作の基礎中の基礎です。

この操作になれないうちは、次の学習項目に進んでほしくないほど大切です。なので、しっかりと使いこなせるようにしましょう。

 

【前の動画へ】

【次の動画へ】